FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裂き乱れて ~オーガ一族と永遠の呪縛~

「ビリッ」



時は丑三つ時、真夜中の静寂な森に叫び声にも似た悲痛な音が鳴り響いた。

それは魔女の森で隠者のベルトを捜索していたときのこと。

普段は不穏な雰囲気漂う森であるが夜ともなれば月明かりが差込み、

木々を怪しげに照らす様はどこか幻想的である。

その光景に気を取られた僕は足元の段差につまづき尻餅をついてしまったのだが

音が鳴ったのはまさにそのときであった。



「チッ・・またか」



何が起こったのかは瞬時に察知した。

過去に何度もあったこの感覚、ああ、もう何度目だろう。

股部に感じるひやりとした風の流れ・・・そして開放感・・。



20131230-1225_117307792.jpg




そう、私の肥大なる愚息がアンダーウェアを突きやぶってしまったのだ。

 

続きを読む

スポンサーサイト
アバウトミー

むろふし

Author:むろふし
スピニングバードキックの最中にスタートボタン連打してた哀しい過去があります。



家:ガタラ水没遺跡地区 6024(ムロフシ)丁目6番地
職人:ツボレベル50
※錬金依頼絶賛承り中

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。